【2017年12月版】 オーストラリアで格安に携帯を使う方法!最強の『プリペイドSIM』はコレだ(なお主観)

はいどーも!
タイトルのセンスが死んでいる原町田アフロボンバーです。


世間では浮気問題や詐欺を起こした従来型のYouTuberにかわり、3DCGモデルによるバーチャルYouTuberがはやりつつありますが
ぼくはその先を行く、ベアメタルインターネットマンとして頑張ります。

バーチャル特有の問題を解決したベアメタルインスタンスであるぼくに死角はありません
なお1インスタンスあたりの使用料金は時間割で$17.00/hrとなっております。OSは選択不能です。よろしくお願いします。


────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────


本題。オーストラリアにきているワーホリのみなさん、携帯SIMえらびの仕方が下手です。
比較しろ。

オーストラリアにもMVNO(いわゆる格安SIM)があるので、某コミュニケーションズ社やら某リゾート社に騙される前に、この記事を読んでオトクなSIMと大量のギガをゲットしちゃってください。

ネットワークの比較

オーストラリアには三つの携帯大手ネットワークがあります。
日本で言うドコモ、au、ソフトバンクですね。

オーストラリアにあるのは、元国有企業であるテレストラ(Telstra)、通信業界二番手オプタス(Optus)、そして日本のソフトバンクとも関係が深いボーダフォン(Vodafone)の三つです。

MVNO(格安SIM)会社はこのうちのどれかから回線を借りて契約者にサービスを提供しています。

これら三つのネットワークの印象を表にまとめました。ぼくの主観ですがご覧ください。

f:id:haramAB:20171206104834p:plain

ドコモのポジションである大正義テレストラ軍はもっとも優れたインフラと巨大なシェアを誇ります。
離島とかだとテレストラしか繋がらないことがしょっちゅうあります。
実効速度も優れているような印象を受けます(4Gエリアがひろいってだけかもしんない)
ただ、契約者数が多いため、場合によっては回線が異常に混雑します。
もうひとつのデメリットは自由度。
Telstraは回線に独自の検閲をかけており、一部のWebページが閲覧できなかったり、表示に時間がかかったりすることが報告されています。
また、IPv4アドレスの枯渇がTelstraは深刻なため、契約者に割り振られるのは基本的にはプライベートIPアドレスです。
携帯回線を使って特別なこと(一部のオンラインゲーム、一部のVPN接続)をする場合には注意が必要かもしれないです。

auかソフトバンクのポジションにあるOptusはバランス型。
テレストラよりは安く、MVNOよりは高いです。
エリアもVodafoneよりはマシですが、ちょっと田舎に行けば通信できなくなります。
安定性もまあまあ。テレストラよりも自由度が多いんじゃないかと思います。あ、でもIPアドレスはわかんないです。携帯はプライベート割り振りになっちゃったかもね。
特徴がないのが特徴。

Vodafoneは最悪(個人の感想です)。
何もいいことない。エリア激せま、安定しない通信、テレストラよかマシだがオプタスより高い価格設定。
あなたがサーファーズパラダイスのど真ん中とかに住んでないかぎり通話すらまともにできない可能性がつきまとうんじゃないでしょうか。
マジでない。


ネットワークはだいたいこんな感じです。
お次はついにプランの比較ですよ!

プランの比較

テレストラ

テレストラのネットワークで通信できるSIMたちの比較です。
前に述べたような高品質の通信ができることがウリです。
以前はほかのネットワークにくらべると割高であることが多かったのですが、最近は新規参入業者の登場によって価格が下がりつつあります。

以下、基本的に45~50ドルのプランで比較します。

f:id:haramAB:20171206115337p:plain

図中、データ(DATA)は通信量です。日本のパンピーがいうところのギガ数。Belong Mobile以外は、これを使い切った時点で通信ができなくなります。
データくりこし(DATA ROLLOVER)は、このデータのうち使わなかった分を次の月に繰り越せるしくみです。会社によってはくりこせるデータに制限があります。
SMSはショートメール。電話番号をつかってやりとりするメールです。
Telstra Airはオーストラリアの公衆電話のほとんどに搭載されている公衆WiFiインターネットです。

人気度は完全に主観。使ってる人を見かける割合で適当に書きました。足しても100%にならないです。
TelstraとBoostのSIMカードはだいたいどこのスーパー・日用品店にもありましたが、Belongは一部のColesスーパー、Woolworth MobileはWoolworthにしか売ってませんでした。

あらためて表をご覧ください。
Belongが最強なのがわかって頂けますでしょうか?
国際電話が無制限だし、国際電話すらいらなければ$5安くなり$45になり、さらに自分から電話をかける必要がなければ$40まで下がります。
Telstraのネットワークと合わさり最強に見える。

その上、Belongの運営会社は実はTelstraその人。
弱点は(ほぼ)ありません。
ここに最強のプリペイドSIMが決した!!!!!!!



あ、まだオプタス(笑)とかいう弱小ネットワークが残っていましたね。
Belong Mobileという情報強者専用の最強伝説つきSIMが出た時点で記事の残りはカスの消化試合ですが、一応ごらんください。

オプタス

f:id:haramAB:20171206122534p:plain

Amaysimが思ったよりお得だったんでビビったけど、弱小Optusネットワークであることを思い出してね。しょせん雑魚ですわい
これ以外にも事業者いっぱいいますが、そこらのスーパーでSIMカードが購入できそうなのはこれぐらいですね。
Virginはふつうに忘れたけど、最近見かけないし、いっか。

ボーダフォン

ゴミ。ゴミのゴミくらべ。

f:id:haramAB:20171206124217p:plain

ぼくはこの中だとKogan(睾丸?)だけ使ったことがあるのですが、まあ~ひどい。
テザリングして使っているとたまに謎のページに飛ばされ、インターネットにアクセスできなくなります。
ほかのVodafoneは使ったことないですが、Vodafoneつかってる友達に電話してもなかなかつながりません。
マジでやめたほうがいい。

結論

日本への通話し放題でPaypalでの支払いも可能、プランもフレキシブルなBelong Mobileをみんなで使っていこうな

ここまで褒め称えてるけど、Belongからは一銭ももらえないんだぜこの記事
でもリンクはるね