土井先輩

3年の土井先輩は人気があった。1年男子からの卑しい羨望の目を向けられていた。そういう意味だ。

同時に、僕も人気があった。土井先輩を密かにアイドルのようにあつかうやつらに人気があった。

僕は中学一年生にしては性知識が豊富だった。あのコンテクストの中では何でも知っていた。知識の神様だった。
おい、まんこってなんだ、セックスってどうやるんだ、女子もイクのか。
二次性徴期の迷える子羊たちを救っているうち、自然とこう呼ばれるようになった。『エロ神様』と。

エロ神となった僕はどんどん布教活動を拡げていった。黒板には外性器の図解を大書きしたし、パイパンの意味などを二年生がわざわざ聞いて来たのに答えたし、エロ漫画をプリントアウトして配った。ヤンキーが僕を訪ねて教室まで来たときはどうなることかと思った。

周囲は僕には怖いものがないと信じた。僕はさながら、抑圧された性の開放の象徴であり、開拓者のメタファーであり、本物の神のように強大であることを求められた。
違う。実際の僕は中学一年生男子、それもそうとう冴えない部類の人間だった。僕という性の承認を得た周囲はどんどん大胆になっていったが、僕自身は臆病かつ懐疑的なままで、なにもできなかった。僕には力がなかった。

僕が神として君臨し性を承認しづつけたがために、周りが影響され、性に対して極端に関心を示すようになってしまった。
自慰の回数を聞かれたので正直に答えると、(当時の僕は大変頻繁にそれをしていた)、その回数を超えようとするものが多数あらわれ、競い合うようになり、回数の申告は授業中に飛び交った。

ずりパンなんて遊びもはやった。相手のズボンを急におろすのだ。最初は男子どうしだけだったのが女子にも広まり、最終的には男子と女子がお互いにやりあいはじめた。あきらかにやりすぎだと思った。僕は実際に異性と交流をもつことに関しては非常かつ異常に保守的だったのだ。

問題はこれら二次災害とでも呼ぶべき影響が、僕は直接には関係ないのにもかかわらず、僕のしわざにされてしまったことだ。これには大変困った。

ともかく、あの夏の日、僕は彼らに芽生えたばかりの性欲を全肯定し、不安や困惑を払拭する、あだ名のとおり本物の宗教における神に近い存在になっていた。

僕以外の部員全員が土井先輩のファンだった。あこがれていたし、容姿を好いていた。
僕はそのころはちょうどアイデンティティーが最大限に屈折していたので、土井先輩のファンにならなかったし、興味もなかった。彼女の顔は『普通』に見えたし、アイドルの類いを追いかけることに意義が見つけられなかった。
どちらかといえば2年の清水先輩のほうが好きだった。美人だったしスレンダーでスタイルがよかった。中学校を含むある次期まで僕は細長い女の子が大好きだったのだ。
清水先輩の魅力についても当然熱弁したが分かってもらえなかった。彼らには胸のあたりにある脂肪のかたまりしか見えず、それこそが全てで、長く健康的な脚や足、薄く平たい胴が沿ったときの美しさなど眼中になかったのだ。

あきらめて僕も土井先輩の応援とやらに参加していた時のことだ。感情が昂ってしまったのだろう、一人が立ち上がるそして彼は、

「土井せんぱーい、すきでええええっす」

グラウンドにむかってはずかしいぐらいそのままの、無圧縮で残酷な血迷いを叫んだのだ。

土井先輩はこちらを向いた。ざわつく。これまでファン活動はひっそりと行われていた。気づかれないようにやっていた。土井先輩に話しかけるなんてもってのほかだった。
それを彼は、グラウンドのどまんなかで、他の部活もいるなかで、めちゃくちゃなことを本気でもないのに叫んでしまった。
明らかな失態。

彼はもうおしまいだと思った。女子に必要以上に接触してしまった以上、軽蔑され敬遠されるに違いない。屈折した僕は勇気ある少年の無謀を無意味で反社会的かつ反秩序的行為ととらえた。

「あいつでーす。あいつがやったんです」

そう、すっかり忘れていた。そういうのを僕はいま全肯定していて、このコンテクストにおいて僕は神であって、免罪のメタファー。
僕のせいにすれば彼らは免罪され僕の神格が上がる。彼らの信仰にとってこれ以上ない状態になるのだ。

こうして僕ひとりのみが土井先輩の狂信的ファンということになり、僕ひとりのみが土井先輩から軽蔑され敬遠され、僕は性アイデンティティーをより一層屈折させるのだった。

青天の霹靂を略すとセイヘキ!

こういうことを言っていきたいんだ。分かるだろ?

感じてよこのフィーリング。フィーリングをフィールしてよ。

お願いだから。

不定期連載・侵蝕と対策(2)

前回:
hab.hatenablog.com

続きを読む

侵蝕と対策(1)

数学嫌いが多い中で高等数学をとっている人間は奇特であり、他の進学教科が2クラスあるのに高等数学だけ1クラスしかない所にも生徒の少なさが現れていた。

その少ない生徒も小難しい授業にだんだん興味や熱意を失っていき、18人いたクラスは2年目が始まるころには6人になっていた。

そんな経緯から、クラス外から変なガリ勉どもだと思われていた我がクラスであったが、その中でもとびっきりに優秀な成績を残していたのが錦場だった。
高等数学に残った唯一の女子にして、テストではぶっちぎる。2位についていたのはテスト時間が延長してもらえる留学生であったので、実質的に他の生徒など比較にならない成績なのだった。

錦場は勉強もロクにしない。試験前にパラパラと教科書をめくって試験勉強を終わらせる。それだけで普通数学と高等数学、その他もろもろの理系教科で学年トップの成績を取る。

「あんなに頭いいのは、頭おかしいよな」

恐るべき頭脳をもっている、小柄でぽけっとし錦場に畏怖の感情すら覚えつつあった工藤は、留学生にぼやいた。

「はい。高等数学だけじゃなく生物、科学、物理でも学年トップ。ベンキョしているのだろうと思いましたが、こないだ、スーパーにいました。見ました」

留学生はここに来て3年目にしてはよく喋るが、時々やたら早口になってなにを言っているのか工藤には分からなくなることがあった。気はいいやつだと思われた。

「スーパーで見たのか、錦場を。なんか買い物でもしてたのか?」

「買い物じゃない。アルバイトで働いてました」

勉強してないと言い張るのはイヤミか嘘かと思っていた留学生も、スーパーでレジ打ちをしている錦場を目の当たりにして、彼女の恐ろしさを信じない訳にはいかなくなったようだった。

「どうしたら、ああなるか?工藤、分かるか」

留学生はもう呆れたように言った。

「分からん。分かっていたらこんな数字は出ないよ」

そう言って工藤は一枚のプリントを差し出した。相対成績評価だった。25が最悪で、1が最高。工藤のプリントには12と印刷されていた。

「これなら悪くないです。進学に苦労しないだろ」

甲斐甲斐しくフォローしてやろうとする留学生に苦笑を返した。

「錦場は2以上をもらっているんだ。1も狙えるかもしれない。卒業するときに1ならどこにでも奨学金つきで進学できるんだぞ。そんな奴を見ているのに、こんな中の上程度の成績で喜べるかよ」

留学生は返答に困ったのを誤魔化そうと、コンピュータに向き直り作業を再開してしまった。

(つづく)

2:
hab.hatenablog.com

政治

数の子で満たされた六畳間に彼は住んでいた。
彼は数の子があまり好きではなかった。友人はいなかった。

寿司は好物であり、たびたび場末の安い寿司屋に出かけた。
寿司屋に行く前には必ず服についた数の子をよく落としてから行った。それでも多少はついており、それは人々に不潔な印象を与えた。
いつも肩身の狭い思いをしながら、彼は焼き卵の握り寿司を食べた。寿司は好きでも生魚などは嫌いだった。

部屋の数の子は腐ることも、なくなることもなかった。その理由は誰にも解明できなかった。

彼はガリガリにやせ細っていた。目が窪み、瞼は垂れ下がっていた。
金は欲しくないと言う。

こういう若者がいるのは社会のせいであり、そういう社会になっているのは政府のせいである。
だから、大日本共和党へ清き一票をどうかお願いしたい。

転職デビュー大作戦!! TVカット版歌詞

転職デビュー大作戦!!

作詞:俺
作曲:バグベア

今のポジション 甘んじてたら
今月給料 2分の1
ホントはわたし やればできる子
少し怠けた だけだもん!!

そりゃ残業もオール拒否だし
企業ドラマみたいな成功も
縁のない普通の平社員だけど
背伸びしちゃっていいですかぁ?

未来のわたしがささやく
「もうちょい欲しい、ボーナス」

残業の後 その帰り道
コンビニへ ダッシュして
手に取った タウンワーク
これさえあればわたしの人生も
変わるはずっ!!

転職デビュー ジョブチェンデビュー
約ひと月の劇的ビフォーアフター
だってアヒルの子も白鳥になれたんだから
社畜宣言っ!! 言ったもん勝ちっ!!
新学期には高収入になって
絶対ワクワクする人生 謳歌してやるんだもん!!
転職デビュー ジョブチェンデビュー

ペアルック

この瞬間を僕はずっと待ち望んでいたのだ。
今、校内は僕だけしかいない。他はみんな出払っている。今なら何もかも僕一人の思い通りに出来る。

なんでも出来るが、やることは一つだけ。
あの女子、こないだ社会のテストで学年トップをとった奴。彼女のロッカーを開けるのだ。

金属製の扉は単純な鍵ひとつで施錠されており、針金2本で簡単に開けられた。
ガチャリと音がしたところで興奮と緊張は最高潮に達した。

ロッカーの中をおそるおそる見る。ガッカリした。
中の物に何かをしてやろうと思っていたのだが、しかしそこに大した物は無かった。
いくつか参考書と使い古しのノートが置かれているだけだった。
これでは何も出来ない。

フラストレーションが溜まり、参考書を何気なく持ち上げる。すると、その下に赤い布があった。学校指定のネクタイだった。

これだ。向かうところ敵なし、無敵の僕は迷いなく服を全て脱ぎ去り、ネクタイを全裸体に巻きつけた。

実に愉快であった。気が大きくなって、机の上に登り、仁王立ちして高笑いした。服は着ていない。

そこに、この絶妙の最悪のタイミングで、あの例の女子が来るとは誰が予想しただろうか。
しかしどうして彼女は教室に入って来た。スライド式の扉を開けて、僕の姿を見た。

終わった。そう確信した。

彼女は何も言わず、着ていた服を全て脱いだ。全裸体である。
そして、赤いネクタイをどこからか取り出した。
紛れもない僕のネクタイだ。
それを裸体に巻きつけて、ニタニタ笑った。

「おそろいだね」

お揃いとか、そういった問題ではないのではないか。そう思ったが、僕は女子とあまり話したことが無くシャイだったのでただただ黙っていた。

これからはもっと社交的にならなきゃいけないのだろう。ああ、なんてめんどくさいんだろう?